美味しい秘訣はヤマタケ製法

厳しい検査を合格した黒豆原料は、ヤマタケ製法によって
えぐみや苦みが抽出されないお茶に生まれ変わります
黒豆原料は産地や年度が変われば品質も変わり、又、黒豆茶生産時の温度や湿度も毎日微妙に変わります。
それらにあった仕込みや焙煎などの条件は、職人が毎日絶妙に調整しています

発芽・急速・丸粒が美味しさを生み出す秘訣です

1.発芽工程

ヤマタケの黒豆茶の美味しさの秘訣は「発芽」です。黒豆をきれいに水洗いしたのちに発芽させることで、一層美味しくなります。

発芽工程

2.急速冷却

ふっくらこんがり、じっくりと煎り上げた黒豆は、焙煎後すぐに冷却します。この工程が一層芳ばしい香りを引き立てます。

冷却工程

3.丸粒

豆が元来持っている豆っぽさ「えぐみ」は、お茶にとって好ましくはありません。黒豆は砕くとえぐみが出ます。一方砕かない黒豆は抽出がよくありません。そこでヤマタケは砕かなくてもよくなるように、丸粒のままふっくら煎り上げています。

発芽工程